食育について
趣旨および目的
昨今、わが国では食の欧米化による食生活の変化が著しく、メタボリックシンドローム等、国民の健康に大きな影響を及ぼしています。こうした中で栄養の偏りや食習慣の乱れに起因する問題を食品業界全体の課題として捉え、国民が食に関する正しい情報をより適切に選別し料理方法等を含め細やかに活用できるよう取り組んでいきたいと考えます。
当協会では、鰹節をはじめとした魚類の各種節の面からわが国の和食および魚食文化に触れ、さらに健康との関わりについて伝えていきます。このため幼児、小中学生および同伴父兄らが無料で気軽に来場でき、見聞きし学ぶ場として、国や地方公共団体等において毎年開催される下記、食に関する行事に参加し、他の食品業界とともに食育の普及啓蒙の一翼を担っていきます。
参加・協力イベント等
  • 食育推進全国大会(6月開催。第4回島根大会より参加)
  • 農林水産祭実りのフェスティバル(11月開催。都内)
  • 大阪水産加工たべもの展(2月開催)
主な取り組み内容等
◇関連DVD、パネルの展示
魚はどのように獲られているのか、節の生産業者はその魚からどのように製造しているのか。また節の栄養成分等はどうなっているのか
◇関連資料数種の無料配布
小冊子(1)「かつお節とその仲間たち」(2)「かつおぶしってすごいんだ」(3)「かつお節でおいしい食卓」など。だし文化、生活風習との関わり、栄養と体へのサポート、節の製造段階の平易な説明など記載(小学生向けで社会・工場見学にも活用)しています。
◇鰹節の展示・試食および削り体験
昨今、子供さんや同伴父兄の方々も節の姿を目にする機会がなくなっています。実際の鰹節を手にとり、また削り節がどのようにできるか?体験を通じて、感じていただければと考えます。
◇アンケート調査
一般社団法人 日本鰹節協会 個人情報の取扱いについて mailお問合せ
Copyright (C) 2009-2016 Japan Katsuobushi Association All Rights Reserved.